借金 早くなくす 方法

借金をもっと早くなくす方法、あります!

借金の悩み

借金の返済がいつまで経っても終わらない…毎月の取り立てが怖い…そんな悩みを抱えている人も少なくないですよね。借金の返済に追われていると気持ちも暗くなり、何もかもうまくいかないような気になってしまいます。

 

生活を切り詰めながら少しずつ返済していても、利息の返済だけでいっぱいいっぱいで元本がちっとも減らない、という状況に陥っている人もいるのではないでしょうか?これではいつまでたっても借金はなくなりません。

 

借金を抱え続けていると、「どんなに頑張っても自分は良くならない」と思うようになってしまいます。また、お金を自由に使えないので生活が不自由なように思えて、精神的に落ち込んできてしまいます。

 

借金を抱えていると性格が暗くなる?

無計画にお金を使って借金を作ってしまった自分を責め、借金のない周りの人が偉いように思えてきます。そしてだんだん卑屈になっていき、気持ちが萎縮して性格まで暗くなってしまうのです。顔色も悪くなり、常に落ち着かない精神状態になっていきます。

 

やがてストレスが溜まって仕事を辞めてしまったり、反動で大きな買い物をしてしまったりして、また借金が増えてしまう…そんな悪循環に陥ってしまうのです。

 

こんな生活がいつまでも続くのは苦しいですよね。何とかして早く借金をなくす方法はないのでしょうか?

 

実は、借金をもっと早くなくす方法があるんです。

 

それは、債務整理という方法です。

債務整理とは?

借金をなくすには弁護士に債務整理を依頼しよう

債務整理とは、借金額を減らして重い金利負担から解放される法的手続きのことです。「法的手続き」と言うとなんだか難しそうに感じるかもしれませんが、心配はいりません。債務整理は弁護士や司法書士といった専門家に依頼することで、スムーズに手続きを行ってもらえるのです。

 

普段生活している分には弁護士や法律事務所といった場所はなかなか縁がないと思いますが、借金で悩んでいる人にとっては弁護士はとても心強い味方なのです。

 

債務整理を弁護士に頼むと、金融会社からの督促が一切なくなります。これは、法的手続きを開始した人へ直接請求する行為が禁じられているからです。

 

督促がストップするだけでも精神的にかなり楽になります。実際に債務整理を始めた人ほとんどの人が「もっと早く始めればよかった」と言うほどです。督促が来なくなることで気持ちにも余裕ができ、現実的な返済計画が立てられるようになります。

 

債務整理には任意整理、自己破産、個人再生、特定調停といった方法があります。それぞれにメリット・デメリットはありますが、自分の状況に応じて弁護士と相談してどの方法を選ぶか相談するといいでしょう。

債務整理をするとどうなる?

どの方法を選べばいい?

債務整理の最大のメリットは借金の負担が軽くなるということですが、もちろん良いことばかりではありません。では、債務整理をするとどんなことが起こるのでしょうか?
債務整理はどの方法を選ぶかによってメリット・デメリットが変わってきます。たとえば任意整理を行う場合は、それほど減額は期待できませんが、手続き完了後の将来利息が免除されるので完済が早まります。また第三者に知られる可能性は低いです。ただし、強硬な債権者だと和解が成立しない場合もあります。

 

自己破産をした場合は、免責が認められればすべての借金が免除になります。ただし家や車などの資産は手放さなければならなくなります。また、官報に掲載されるので第三者に知られてしまう可能性もあります。破産手続き中は資格制限によって一部就けない職業があるのでそちらも注意が必要です。

 

個人再生の場合は、自己破産のように家や車を手放さずに済みます。債務は原則5分の1に減額されるので、かなり負担が軽くなります。また自己破産のような資格制限もありません。ただし、返済を継続できる収入がないと手続きできないなど、条件は厳しくなっています。手続きも複雑なため、手間と時間がかかります。

 

特定調停は、裁判所を利用して任意整理を行うものです。費用が安く、他の手続きよりも比較的早く解決できる方法となっています。ただし任意整理よりも手続きがややこしくなっています。また過払い金の返還を受けられないというデメリットもあります。

 

また、どの方法で債務整理を行っても一定期間ブラックリストに載るため、借り入れやクレジットカードを作れなくなる期間があります。それぞれ期間は任意整理の場合は約5年、特定調停・個人再生の場合は5〜7年、自己破産の場合は7〜10年と言われています。

 

債務整理の方針については、本人の意思だけでなく借入総額や収入額によってどの方法を選ぶかが決まってきます。どの方法が自分に合っているかは、専門家と相談しながら決めていくといいでしょう。

債務整理をするとお金が戻ってくる?

過払い金が戻ってくるかも!

「過払い金」と言う言葉を聞いたことないでしょうか?過払い金とは、消費者金融やクレジット会社に払い過ぎたお金のことです。過払い金が発生した場合、債務者は債権者に過払い金を返還するよう請求することができます。これを過払い金請求と言います。

 

過払い金が発生するには一定の条件があります。

  • 20%以上の金利を支払っていた
  • 上記の金利を5年以上支払続けていた

 

上記の2点を満たしている場合は、それなりの金額の過払い金が発生している可能性が高いです。この2つの条件を満たしている人で、すでに完済している人は少なからず過払い金が発生しています。過払い金は払い終わっている借金に関しても請求できるのです。

 

まだ返済中の人でも、場合によっては過払い金が発生している可能性があります。過払い金があるかどうかは「引き直し計算」というものをして調べます。引き直し計算とは債務整理をする際に行うものです。

 

引き直し計算の方法自体は難しくないのですが、正しく計算するには取引履歴をすべて取り寄せなければなりません。この手続きがかなり面倒なの上、素人が計算をすると計算間違いをしてしまうことも多いので、専門家に任せることをおすすめします。

 

過払い金があると分かれば請求することができます。過払い金が戻ってくれば現在の借金額が減ったり、返済額を上回る場合は逆にお金が戻ってくることもあります。心当たりのある方はぜひ専門家に相談してみてください。

どこに相談すればいい?

債務整理をして借金から解放されよう!

では、債務整理の相談はどこにすればいいのでしょうか?

 

借金問題を相談するなら専門家である弁護士や司法書士に相談しましょう。おすすめは弁護士のいる法律事務所です。なぜ司法書士よりも弁護士の方がいいのかと言うと、司法書士は限られた範囲でしか法律業務を行えないのです。

 

司法書士に依頼すると費用は安いのですが、債務額が140万円を超えてしまうと途中で解任しなければならなくなり、かえって手間も費用もかかってしまうのです。

 

また、司法書士は地方裁判所の代理人になることはできませんが、弁護士はなることができます。過払い金の回収のために地方裁判所に訴訟を提訴した場合、貸金業者も弁護士費用がかかるため早めに和解に応じる場合があるので早期の返還が期待できます。

 

こうした理由から、債務整理を依頼するなら弁護士の方がいいのです。弁護士や法律事務所というと敷居が高いと感じるかもしれませんが、実際には借金に悩む多くの人が法律事務所に訪れています。

 

債務整理にかかる費用が心配…という人もいるかもしれませんが、弁護士はあなたが「お金がないから相談に来ている」ということを十分理解しています。そのため、相談すれば必要な費用も全部ひっくるめて無理のない借金返済方法を考えてくれます。

 

また家族や職場に知られたくない…と言う場合にも相談に乗って対応してくれます。借金問題を相談しにくる人の多くは家族や職場にバレることを恐れています。それも弁護士側は理解してくれているので、ちゃんと配慮してくれるのです。

 

法律事務所では無料で借金問題の相談を受け付けています。まずは無料相談してみてはいかがでしょうか?

 
 

任意整理 自己破産 個人再生 過払い金返還 債務整理の流れ